グローブの選び方

バイクに乗るときには、ヘルメットとともにぜひともグローブを着けましょう。グローブは転倒時や走行中に手に当たってくる小石などから手指を守る役割を果たします。ある程度の距離を走る場合、グローブを着用するかしないかで、手の疲労度も違ってきます。
グローブも革製やゴアテックス製などといった素材や、夏用・冬用・雨天時用などの天候による種類があります。自分の好みや天候に合わせたグローブをいくつか持っているとよいでしょう。
購入するときは、やはり必ずバイク用品店などで試着して、フィット感や操作感などを納得できたものにしましょう。

 

・夏用グローブ
 夏の暑い日でも、手指を守るためにグローブは必要です。ただ炎天下の中ではグローブの中は汗だらけで不衛生になってしまうことも考えられます。そんなときは、メッシュ素材のグローブがお勧めです。
素材がメッシュでも安全性に配慮して、指の関節部分はプラスティックでおおわれているものもありますから、探してみましょう。

 

・冬用グローブ
 冬の気温の低い朝など、バイクに乗っているときに一番寒さを感じる体の部位に手指があります。かじかんだ手では、適切なアクセルワークやブレーキ操作はできません。
冬用のグローブは、アクセルやブレーキだけでなく、ウィンカーなどの操作を妨げないようにしながら風を通しにくい素材を使用し、手首から風が入り込まないような構造になっています。
中綿が厚くなると、操作感が気になります。やはり試着して動かし安いものを選びましょう。

 

・レイングローブ(雨天時用)
 雨天時のバイクの運転は、ちょっとしたことで大きな事故につながることもあります。雨に濡れてすったり、手が冷たくなったりしてしまっては危険です。できれば、防水効果の高いレイングローブを用意したいものです。
ふつうのグローブの上から被せる比較的安価なタイプのものや、ゴアテックス製の本格的なレイングローブもありますが、どちらも縫い目から雨が染みてくることがあるので、レイングローブを使用している人やインターネットでも製品の批評をしているページもあるので参考にするとよいでしょう。

  

コンテンツ

FX用語集 FX@外為比較