ヘルメットの選び方

バイクに乗るときに最も重要な装備がヘルメットです。転倒時の頭部のダメージを軽減させるほか、走行中に起こるアクシデント(小石の跳ね上がりや虫がぶつかってきたりすることもあります)から頭部や顔・目を守るからです。

ヘルメットにもいくつかのタイプがあります。自分のバイクや乗り方などを考えて、なにより「安全性」を重視して選びたいものです。

 

・フルフェイスタイプ
ロードレースでも使用されているように、頭部全体を保護する安全性の高いモデルです。高速走行でも風の巻き込みが少なく安定して走ることができます。顔部にかかる風も少ないので、長距離でも疲労が少ないと言えますが、視野が狭いと感じる人もいるかもしれません。コストはやや高めです。

 

・オープンフェイス(ジェット)タイプ
フルフェイスのようにチンガード(あごを保護する)がなく、その分視野が広く開放感があります。
チョイ乗りからオフロードやツーリングまで幅広く使用できます。眼部を保護するためには、ゴーグルやコンペシールドがあったほうがよいでしょう。風の巻き込みはフルフェイスタイプよりも多くなります。

 

・オフロードタイプ
フルフェイスよりも張り出たチンガードと大きめのバイザーが付いたオフロード走行で使用されるタイプです。モトクロスや林道ツーリングなどのライダーに支持されています。フルフェイスよりも視野は広い反面、バイザーによる高速走行時の不安定さを感じることもあります。

 

・システムタイプ
オープンフェイスの本体に、チンガードなどのギミックが装着されて、使用する場面によってフルフェイス風にもオープンフェイスにもなるという優れものです。ただし、ギミックを装着するために、他のタイプよりも若干重く、大きくなります。

 

・ハーフキャップタイプ
原付からビッグスクーターのライダーまで、街中ではよく見かけるお椀を伏せたような形のものです。これらのタイプは安全性から125cc までの使用に限られています。

 

安全規格について
ヘルメットにはいろいろな規格があって、よく知られているものに「PSCマーク」「SGマーク」や「JIS規格」「スネル規格」などがあります。「PSC」や「SGマーク」は日本国内の安全基準に適合した印で、日本で使用するヘルメットには必ずこれらのマークが必要となっています。

「JIS」は日本工業標準調査会が定めた安全規格をクリアしたものに与えられ、「スネル」は「テスト条件を設定する際はもっともシビアな条件を採用する」という原理に基づいて、5年ごとに規格が見直されています。高速道路を走る機会のあるライダーは、これらの規格に適合したヘルメットを使用するほうが望ましいでしょう。

 

実際に選ぶときの注意
どんなタイプのヘルメットを買おうかが決まったならば、実際にバイク用品店などに行ってみましょう。ネット販売などでも購入は可能ですが、初めて買うときには、ショー棚にたくさん展示されているヘルメットを実際に手に持って、被ってみる必要があります。同じモデルでも、頭の大きさによってXS~XXLまでさまざまなサイズが用意されているので、自分に一番フィットしたものを選びましょう。

ヘルメットが大きすぎると、段差などで前後にずれてしまうことがあったり、きつすぎると圧迫感で気分が悪くなって長時間被っていられなくなることもあります。

 

ヘルメットの寿命と交換時期
ヘルメットの寿命は製造されてから約3年と言われています。帽体の発泡スチロールがライダーの汗や知らないうちの衝撃などによって劣化していくことが原因とされています。
また、一度でも大きな衝撃を受けたヘルメットは、中の発泡スチロールがへこんでしまい、内部に隙間ができるために、次に強い衝撃をうけたときには、その役目を果たしにくいとされています。

  

コンテンツ

FX用語集 FX@外為比較