バイクに乗るための装備

待望のバイクの免許を取得して、いよいよバイクライフが始まります。これまでヘルメットなどを家族や友達から借りて済ませていたけれども、やはり自分のものが欲しくなりますね。バイクに乗るにはどのようなものがあればいいか、簡単に説明します。

 

・ヘルメット
バイクに乗るには絶対に必要なものです。転倒時の頭部の保護のために、頭のサイズに合ったものを選びましょう。
走行時には小石が跳ね上がってきたり、虫がぶつかってきたりすることもあります。シールドやゴーグルなど走行時に目を保護するものも忘れないで下さい。

 

・グローブ
夏の暑い日でも、素手で運転することは危険です。できれば革製がよいでしょう。
夏用、冬用、雨の時のレイングローブも用意されています。必要に応じて揃えましょう。

 

・ジャケット
風を身体に受けると、知らないうちに疲労が増します。夏でもTシャツ1枚での走行は避けたいものです。動きやすく、走行時の風でばたつかないものを選びましょう。革製のものがBetter です。

 

・パンツ
転倒や衝突時にひざを保護するためにも半ズボンは×です。動きやすく、裾がばたつかないものを選びましょう。パンツも革製は丈夫で安全性が高いです。

 

・ブーツ
裸足やサンダルなどでバイクには乗らないようにしましょう。スニーカーでも運転できますが、できれば「くるぶし」を覆うハイカットのものがお勧めです。バイク用品店に行くと、ブーツやライダーシューズもあるので、見てみるのもよいでしょう。

 

・バッグ
バイクに乗るとき、免許証やサイフ、携帯電話などの収納場所に気を使うことがあります。ジャケットのポケットに入れると、かさばったり、じゃまになったりすることがあります。ヒップバッグやウェストバッグがあると便利です。もう少し大きな荷物の場合、ディバッグがあると重宝します。

 

・レインウェア
「雨の日は乗らない」という人はよいですが、通勤・通学、仕事やツーリングなどで雨に濡れると体温が奪われ疲労が増して危険です。できれば、バイク専用のレインウェアがあると安心です。

 

バイクに乗るときの第一条件は「安全性」です。これらの装備は、自分の身体を守るものですから、慎重に選びましょう。

  

コンテンツ

FX用語集 FX@外為比較