原付免許 ~50ccまで

「原動機付き自転車 免許」=「原付免許」を取得すると、50cc以下の原動機の付いた自転車=バイクに乗ることができます。50ccスクーターや新聞や郵便屋さんなどが配達で使っている“カブ”のようなタイプのバイクは街中でもよく見かけますね。

 

取得のための資格

・年齢16歳以上

・視力が両眼で0.5以上

(片眼が見えない場合は、他眼の視野が左右150度以上で視力0.5以上)

取得方法

・自分の住む都道府県の運転免許センターで受験します。

・試験は学科試験のみで、問題は48問(2問は危険予測のイラスト問題など)

・学科試験に合格すると、講習を受けたあと交付されます。

 

用意するもの

・本籍の記載されている「住民票の写し」。(コピーは×)

・写真(無帽、正面、上三分身、申請前6ヶ月以内に撮影したもの)

・外国人は、外国人登録証明書と本人を確認できる書類(保険証やパスポート等)

・手数料(都道府県によって若干の差はありますが、東京都の場合は7800円=受験料1650円、原付講習料4050円、免許交付料2100円)

 

試験当日の流れ

・試験は午前と午後の2回、行われることが多いので、どちらを受験するかあらかじめ決めて、受付時間に遅れないようにしましょう。

・合格した場合、原付技能講習を受けるので、運転にふさわしい格好で行きましょう。

(かかとのある靴、女性の場合もパンツで行きましょう。)

・試験場に着いたら、申請書(試験場にあります)に必要事項を記入し、写真を貼って、所定の金額の印紙を購入後、受付に並びます。

・適性検査(視力や聴力)を行う。(眼鏡やコンタクトなどが必要な人は用意する。)

・学科試験を受ける。(東京都の場合、30分間で、46問+危険予測問題2問。

50点満点中45点以上で合格です。)

・合否発表(不合格の場合は、その後の手続きなどを聞いて、帰ります。)

・原付技能講習と取得講習を受ける。(学科試験合格者のみです。)

・おめでとう! 免許が交付されます!!

  

コンテンツ

FX用語集 FX@外為比較