AT限定とは?

2005年6月からAT(オートマ)限定二輪免許ができました。

免許証には、条件欄に「~車はAT車に限る」という条件が記載されています。

AT(オートマ)二輪車とは、クラッチ操作のないオートマティック・トランスミッションの付いた自動二輪車のことで、街中でも125ccや250cc、ときにはover 400cc のスクーターを見かけることがありますが、これらのスクーターはAT限定免許で乗ることが可能です。

教習所での技能教習時間を見ると、AT限定免許とMT(マニュアルクラッチ車=クラッチの付いた二輪車)車の教習では下の表のような違いがあります。技能教習の時限が少ない分、AT限定免許のほうが費用は割安になります。
(単位=時限)

  運転できる排気量 AT車限定 MT車
小型限定二輪免許

125cc以下

 9

12

普通二輪免許

400cc以下

15

19

大型二輪免許

650cc以下

29

36

 

 

クラッチ操作がないので、その点に関しては楽に運転できることはありますが、普通二輪クラス(250cc~400cc)のAT二輪車(スクーター)になると、ボディも大柄になり、重量も重くなるので、AT車=簡単ということは一概に言えないと思います。

また、AT限定免許であっても、原付(50cc以下)のMT車を運転することは可能です。

  

コンテンツ

FX用語集 FX@外為比較