免許取得に必要な装備

「バイクの免許を取得する=バイクに乗る」と考えて、実際に公道で走行する場合を考えて、必要なものを用意しましょう。

 

・ヘルメット

街中では、お椀を伏せたような「ハーフキャップ」と呼ばれるタイプのヘルメットを被っている人をよく見かけますが、教習や一発試験ではこれは使用不可です。

教習所や運転免許試験場ではオープンフェイス(ジェット)タイプのヘルメットが用意されていますが、これからバイクライフをおくろうとしているのですから、自分用のヘルメットを用意しましょう。

自分が免許を取得したら乗りたいバイクによっても違いますが、安全性を考えるとできればフルフェイスタイプのものがいいでしょう。友達から借りるという手もありますが、サイズが合っていないヘルメットでは運転に集中できないで、試験や教習中に思わぬミスをすることになるかもしれません。

「PSC」や「SG」などの規格は、日本で使用するヘルメットには必ず必要とされているので、購入の際には確認しましょう。カラーやデザインは好みによりますが、教習所や試験場のヘルメットにラインが入っていることが多いのは、無地よりも安全確認の首振りの動作が教官からわかりやすいからだそうです。

 

・グローブ

ヘルメットと同様にバイクに乗るときには必需品です。素手のままだと、すべってしまってアクセルワークやブレーキングに悪影響を与えることがあります。もしもの転倒の時、素手のままで路面に手と付くことは危険です。

季節によって夏用・冬用がありますので、教習や試験の季節に合わせて用意しましょう。

 

・ブーツ

教習生のほとんどはスニーカーが多いようですが、試験場ではチェックの対象となります。できればバイク用のブーツがよいのですが、無理な場合でも、「かかと」の付いた「くるぶしまで覆う」タイプの靴にしましょう。

バイク用品店に行くと、ブーツではなく、ライディングシューズも販売しています。

 

・ウェア

夏の暑い日でもTシャツ1枚での教習や試験は、その人の安全意識がないことを表すことになります。

教習所ではジーンズタイプのものでも許されますが、試験の場合、より安全な革製や肘や膝にパッドが付いているバイクウェアが無難です。なによりも、その人の安全性に対する意識を見られます。

  

コンテンツ

FX用語集 FX@外為比較