バイクの免許の種類

バイクの免許には、「原付」「普通二輪小型限定」「普通自動二輪」「大型自動二輪」「AT小型限定」「AT限定普通」「AT限定大型」の7種類があります。それぞれの免許によって、運転できるバイクの排気量や形式、取得年齢などが決まっています。

・原付
原付免許を取得すると、原動機付き自転車=50cc以下のエンジンの付いた二輪車を運転することができます。街中でよく見かける50ccスクーターなどが代表的なモデルです。

原付免許を取得できる資格年齢は16歳以上で、自分が住んでいる運転免許センターに行って、学科試験に合格し、運転講習を受けると、免許がもらえます。

原付バイクは免許取得が比較的簡単です。また普通自動車免許を取得すれば、原付免許を取得しなくても乗ることが可能です。反面、制限速度が時速30キロであったり、交差点によっては「二段階右折」が義務づけられたり、タンデム(二人乗り)の禁止などの制限があります。

・普通二輪小型限定
普通二輪小型限定免許を取得すると、MT(マニュアルクラッチ)・AT(オートマチック)に限らず、125ccまでのバイクに乗ることができます。街中で見かける黄色やピンクのナンバーのバイクです。

普通二輪小型限定免許を取得するには、自分の住んでいる運転免許センターで、運転技能試験と学科試験に合格して取得するいわゆる一発試験と、自動車教習所で技能教習12時限と学科教習26時限を受けて卒業検定試験に合格した後、運転免許センターで学科試験を受ける2つの方法があります。

この免許で乗れるバイクは、原付バイクと違って時速30キロまでの制限や「二段階右折」の規制がなくなるために、街中でもストレスなく走ることが可能になってきます。タンデムも二人の利用のシートやペダルが装備されていれば問題ありません。また、任意保険はクルマを所有していて、そのクルマに任意保険をかけてあれば「ファミリーバイク特約」という項目で、1万円前後を追加するだけで、クルマとほぼ同じ内容の保険に加入することができます。ただし、高速道路を走行することはできません。

・普通自動二輪
普通自動二輪免許を取得すると、MT・ATともに400ccまでのバイクに乗ることができます。ミドルスクーターやアメリカンタイプ、ロードスポーツやオフロードタイプのバイクなど、乗れる車種も増えて、ロングツーリングにも十分使えるバイクを選ぶことができます。

普通自動二輪免許を取得するには、「小型限定免許」と同様に一発試験と教習所を卒業した後運転免許センターで学科試験を受ける二通りがあります。教習所での学科の時限数は変わりませんが、技能時限数は19時限になります。

この免許で乗れるバイクの中で、126ccを越えるバイクは、高速道路の走行が可能になります。車種の選択肢も増えて、本格的なバイクライフをおくることができるようになります。251cc以上になると「小型二輪自動車」となって、車検の義務が発生します。126cc~250ccまでのバイクは「軽二輪自動車」の枠にはいるので車検はありません。任意保険は、危険率などから小型免許で乗れるバイクに比べると割高になってきます。

・大型自動二輪
大型自動二輪免許を取得すると、排気量の制限なく国内外全ての市販車に乗ることができます。ビッグスクーターやライダーあこがれのハーレーダビッドソン、BMWなどの大型車も選択できるようになります。

取得する方法は、普通自動二輪免許と同様で、一発試験と教習所による取得の二通りがあります。以前は、大型自動二輪免許は運転免許センターでの一発試験のみで、その合格率は4%ととても取得が難しかったもですが、1996年より教習所での教習による取得が可能になりました。
教習所での学科の時限数は小型や普通二輪と変わりませんが、技能時限数は36時限と大幅に多くなります。ただし、小型免許を持っていれば20時限に、普通二輪免許をもっていれば12時限に短縮されます。また、大型自動二輪免許は18歳以上という年齢制限が付きます。

・AT小型限定
AT小型限定免許は、125ccまでのAT(オートマティック)車のみに乗れる免許です。原付では時速30kmまでの制限や「二段階右折」などの規制がないため、90CC~125ccのスクーターなどを通勤通学等に使用する人が増えています。

AT小型限定免許の場合、教習所での学科の時限数は他の二輪免許と同様ですが、技能時限数は9時限になります。そのほかは、「普通二輪小型限定免許」と同様です。

・AT限定普通自動二輪
AT限定普通自動二輪免許は、400ccまでのAT車だけに乗ることができる免許です。AT車でも126cc以上の排気量のバイクは高速道路を走行できます。教習所での技能時限数は、15時限になります。

・AT限定大型
AT限定大型免許は、650cc以下までのAT車に乗ることができます。400ccを越えるビッグスクーターにも乗れる免許ですが、650ccを越えるATバイクに乗るためにはAT以外の大型自動二輪の免許が必要です。

  

コンテンツ

FX用語集 FX@外為比較