バイクレース出場

バイクレースに出場する

バイクレースには、バイクの種類、排気量、ライセンスなどによってさまざまなクラスがあります。初めて出場してみたいと思う人には、ミニバイクレースがエントリーしやすいでしょう。ミニバイクレースの場合は、コース独自のライセンスを取得すればよいので(不要のコースもあります)、自宅や職場などから近くのコースで詳細を聞いてみるとよいでしょう。

レース出場に必要なもの
・バイク……ミニバイクレースにもいくつかのクラスがあります。SP12クラス=12インチホイール車両の50cc バイク。NSRmini 、NSR50 、など2ストロークの50cc バイクくらすですが、NSRmini もNSR50 も現在は生産終了になり、中古を購入することになります。4ストロークでは、NSF100 のワンメイクレースが行われています。またナンバーが取得できるXR100モタードやエイプ100 などの吸排気系やサスペンション等を改造して出場できるSP100 クラスやマフラーの変更のみが可能なST100 クラスなどは比較的低コストでミニバイクレースを楽しめます。

・ヘルメットや皮つなぎはMFJ(財団法人 日本モーターサイクル協会)は公認のもの、革製のグローブ、ブーツ、ガソリン携行缶、工具などが必要になります。また、レース用の車両は公道は走行できないので、バイクを運ぶトランスポーターが必要です。

バイクレースに個人で参加することは難しいかもしれません。最初はレース活動をしているバイクショップなどに相談してみるとよいでしょう。サーキットを走るだけでもよいという場合は、例えば鈴鹿サーキットでは「ビジター参加可能プログラム」という有料で講習を受ければ、自分のナンバー付きのバイクでサーキットを走行させてもらえる企画を実施しているところもあります。

  

コンテンツ

FX用語集 FX@外為比較