レンタルバイクの借り方

レンタルバイクの借り方は店舗によって多少の違いはありますが、おおむね次のような比較的簡単な手続きで借りることができます。

 

・用意するもの

免許証、レンタル費用(ほとんどのレンタルバイク店が前払いです。また、初回の費用はクレジットカードという店舗もあります。)、未成年の場合は保護者の同意書が必要だったり、レンタルを20歳以上としている店舗もあります。

 

・レンタル前

旅先でのレンタルも含めて、できるだけ事前に予約したほうがよいでしょう。レンタル店でも、系列店間で車種を融通したり、整備・装備を装着したりすることがあるので、予約したほうが当日スムーズに借りられます。また、用品などもレンタルしたい場合はその旨を伝えます。予約は電話やホームページで簡単にできます。

 

・レンタル当日

①レンタルバイク店に行って、手続きをします。

・免許証を提示します。(レンタルバイク店が免許証をコピーします。)

・注意事項などの書類をしっかり読んでから署名をします。

・料金を支払います。

②出発前の点検をします。

・店舗のスタッフと一緒に、車両のキズや破損箇所などをチェックします。ガソリンは満タンの状態で借りる場合がほとんどです。

・運行前点検(ミラーなどの灯火類やブレーキなどのチェック)をして、出発します。

 

・バイクの返却

・約束の時間までに店舗に戻ります。(乗り捨て制度などは店舗によって異なるので、問い合わせましょう。)遅れる場合には、早めに連絡しましょう。(延滞料金がかかる場合があります)

・返却のときは、ガソリンを満タンの状態にして返却します。

・店舗に戻ると、スタッフと車両チェックをして、破損などの問題がなければ終了です。

  

コンテンツ

FX用語集 FX@外為比較