渋滞のときには

市街地などを走る場合、どうしても渋滞に巻き込まれることがあります。渋滞の場合でもクルマに間をすり抜けて走れることがバイクの利点ではありますが、グループツーリングでは「すり抜け」は危険です。

先頭付近の数台ができても、後方のバイクができるとは限りません。後方のバイクが無理にすり抜けたために事故が起こってしまっても、先を走っているバイクは気づきにくいものです。多くのバイクが右や左からすり抜けていくと一般のライダーやドライバーは不快に感じることでしょう。

 

また、先頭のバイクが、隣の車線のほうが空いているといって、急に車線変更をしても、後方のバイクは「なぜ車線変更をしたのか」わからなくてとまどってしまいます。グループ走行での隊列の乱れはメンバー、特に初心者の心理に焦りや不安を生じさせてしまいます。

 

渋滞の中で、グループが交差点を通過するときに信号で分断されてしまうことがあります。信号が黄色になっても焦って無理に渡らないようにしましょう。後方のバイクが追いつくのではなく、前方のバイクが待つことが基本です。

 

グループ走行の場合、先頭やリーダーは常に後方のバイクやグループ全体の安全に気を配り、渋滞路でもグループの誰か一人でも視界から消えてしまうような走行は避けるべきです。

 

多少到着が遅くなっても、安全なツーリングを心がけましょう。

もしも渋滞が長く続いていて、初心者などが疲れているようならば、みんなが安全に停車できる場所を見つけて、一時休憩をする余裕があればいいですね。

  

コンテンツ

FX用語集 FX@外為比較