レインウェアの選び方

レインウェアにはコンビニなどで売っているビニールのものやゴルフなどのスポーツ、フィッシングなどさまざまなものがありますが、バイクに乗るときはやはりバイク用のものがよいでしょう。

 

・バイク用のレインウェアを選ぶべき
バイク用は、走行中のレインウェアのばたつきをなくすために膝や腕・脇にベルクロスが付いていて調節できるようになっています。また、シートに座っていると、尻部の縫い目から雨水が染みて上がってくることがあります。このようなことを防ぐために、尻部には縫い目のないものは、ツーリングなど長時間走るときには助かります。

 

・透湿性のある素材なら蒸れずに快適
素材はナイロンやゴアテックスのものが多く、ゴアテックス製は値段も高めですが、防水性と透湿性に優れているので、夏のツーリング時での雨の場合、蒸れて不快になりにくく快適に走れるという利点もあります。
ゴアテックスの製品では、ゴールドウィンやモンベルなどに定評があります。

 

・厚着することを考えて、大きめがGOOD
レインウェアは当然、ほかのウェアの上に着るわけですから、冬などの寒いときは厚着になっている場合もありますし、雨が降っていなくても防寒のために着ることもできるので、レインウェアを購入する際には、少し大きめのサイズにするとよいかと思います。パンツの丈はベルクロスで調節が可能なので、大きめでもある程度は大丈夫だと思います。いろいろ試着してみて下さい。

最近では、レインウェアのパンツが2本付いているものもあるようです。パンツは消耗が激しいためと、重ねて履くことによって、防水効果を高めることが期待できそうです。

 

雨天時の走行と防寒のためにも、レインウェアは持っていると重宝すると思います。

  

コンテンツ

FX用語集 FX@外為比較