パンツの選び方

バイク用のパンツと普通のパンツの違いは、転倒時のダメージを少なくするためのプロテクターが付いていたり、パンツ自体の素材が摩擦などに強いものが使用されていることです。バイクの転倒時に痛めることの多い膝や腰にパッドが入っていたり、パンツの裾が邪魔にならないように細身にできていたり、シートの座面やニーグリップでこすれることの多い部位を補強してあるものもあります。

 

・Gパンはどう?
Gパンを代用している人は多く見かけますが、Gパンは意外と風を通しやすく、夏厚く冬寒いと感じた人も多いかと思います。バイクに乗るとガソリンタンクのあるスポーツタイプの場合は、突き出た格好の膝に風が多く当たりますし、スクーターの場合は裾から風が進入してきます。

風に当たったり風が進入してくると、体温を奪われ冷えてくることもあるので、冬季はオーバーズボンを着用するほうがよいでしょう。

最近では、Gパンと外観が同じようなバイク用パンツも販売されています。ふつうのGパンよりも強度のある繊維を使用しています。

 

・革製パンツ
革製パンツは強度があって安全性が高いのですが、思ったよりも夏は暑く冬は寒く感じます。夏はパンチングレザー加工を施した製品も出回っています。冬はインナーで保温性の高いものを着用して調節するとよいでしょう。

 

・オフロード用パンツ
オフロード走行は、動きが激しく泥や汗などで汚れることも多いので、プレミアムナイロンとポリエステル等の素材のものが多く、耐久性と通気性を確保しているオフロードパンツがあります。膝などのプロテクションはもちろん、膝裏や股部分などの伸縮性を考えてストレッチを施すなどオフロード走行に配慮してあります。

  

コンテンツ

FX用語集 FX@外為比較