ジャケットの選び方

バイクに乗るときに、ファッションとして一番気を使うものは、ジャケットかもしれませんね。ヘルメットやグローブはバイクに乗車しているときのアイテムとして、安全性を一番に選択できますが、ジャケットなどのアウターウェアは、バイクを降りたときにも着用しているわけですから、安全性だけでなく、着心地やデザインやカラーなどにも個性を出したいものだと思います。

 

もちろん、安全性や機能性を最優先にすることは言うまでもありません。バイク雑誌やインターネットでも豊富に紹介されていますので、バイク用品店などに行く前に参考に見てみるのもよいと思います。

 

バイク用のジャケットと一般のジャケットとの大きな違いは、ライディングのための、プロテクター・保温・防水・ベンチレーション(通気機能=適度に通気して、ジャケット内を蒸れないようにする)などの機能が付いていることです。バイク用のジャケットについて、その機能等を、大ざっぱに分けて説明します。

 

・スリーシーズンジャケット
スリーシーズンとは春・秋・冬の3シーズンのことで、真夏や極寒の真冬以外の長いシーズンに使えます。脱着式のインナーの付いたスリーシーズンジャケットならば、真冬でも使用可能なものもあります。素材も皮やナイロン、ゴアテックスなどさまざまなものがあります。ゴアテックス製のものは、ある程度の撥水機能もあるので、ツーリングにはお勧めです。

 

・メッシュジャケット
真夏の暑い日でも、Tシャツ1枚でバイクに乗ることは危険です。転倒時のケガだけでなく、直射日光による強度の日焼けや熱射病を招くことがあります。メッシュ素材のジャケットは、通気性もあり蒸れにくく、またプロテクターが付いているものもあります。

 

・ウィンタージャケット
真冬にバイクで走っているときの体感温度は、外気温よりも2 ~3度低く感じると言われています。冬用のジャケットには、中綿のインナーが付いていたり、着丈の長いPコートタイプのものなど、走行風の侵入を防ぎ、寒さを感じさせない工夫がされています。普通のダウンジャケットなどは、転倒時に路面と接触すると破れやすいので、できればプロテクターの入ったバイク用のウィンタージャケットを用意するとよいでしょう。

 

・レザージャケット
革製品は防風性と転倒時に破れにくいという安全性は高いものです。反面、保温性や汗などの揮発性は低めなので、冬季のレザージャケットだけの使用は寒かったり、夏はジャケットの中は汗だらけになる場合もあります。保温性の高いインナーや汗の吸収性に優れた素材のインナーなどに気を配るとよいでしょう。

 

バイクウェアは、スポーツメーカーや繊維メーカーなどが販売しているケースが多いですが、バイクメーカーでも、自社ブランドで販売しているものもあります。自分のバイクと同じメーカーのロゴ入りのジャケットを着てツーリングというのも、ちょっといい気分かもしれません。興味のある人は、バイクのメーカーサイトやカタログを取り寄せてみてもいいでしょう。

  

コンテンツ

FX用語集 FX@外為比較